Facebook Twitter
lightlawsuit.com

会社記録 - 株主査察

投稿日: 4月 1, 2024、投稿者: Manuel Yoon

あなたは企業としてビジネスを行っており、さまざまな株主が投資お金を追い出しています。 企業記録の株主検査は発生する可能性がありますか?

感情的な愛着

小規模なビジネスでは、感情が高くなる可能性があります。 通常、優れたビジネスアイデアを持っていますが、投資家がビジネスを見つけるために現金のプールを生産する必要があります。 このような状況では、個人はビジネス企業に感情的な愛着を抱いており、それが本当に「彼らのもの」だと考えています。 最終的に、それが私の良い計画なら、私はそれをコントロールします。 この理解可能な態度は問題を引き起こす可能性があります。

あなたが企業を結成し、投資家を引き受けるとき、あなたはあなたの子供を手放すために自分自身を準備する必要があります。 組織エンティティは現在、アイデアを所有している人です。これは、すべての株主が物事の実行方法について発言権を持っていることを意味します。 あなたがアイデアを開発したものであるという真実は、まったく無関係です。 これが不公平に聞こえる場合は、エンティティで株式を販売するのではなく、お金を改善するさまざまな方法を検討することをお勧めします。

コーポレートレコード

制限された責任会社を含む企業エンティティは、法的目的では本当に別の「人」です。 この法的フィクションは、あなたのビジネスと個人資産との間に責任シールドを生み出します。 ただし、これには、組織がボードの決議、細則、定款、バランスシートなどの記録を保持するのに役立つ必要があります。 これらの企業記録は、会計年度ごとに組織事業のタイムラインとスナップショットを開発する必要があります。

株主検査

すべての州で、株主は企業の記録を検査する権利を持っています。 検査の範囲は、すべての州のこの法律に依存していますが、通常、組織の本、バランスシート、課税明細書のすべての記録をカバーしています。 株主は通常、日付の3〜5日前に記録を確認するために書面による要求を作成する必要があります。 株主の弁護士と会計士は、記録を見ることもできます。

ほとんどの人は、株主検査リクエストにひどく反応します。 リクエストを見つけると、ほとんどの人はケースが来ていると仮定し、戦闘的になります。 言うまでもなく、これは検査要求の拒否をもたらします。 このような感情的な拒否は確かに大きな間違いであり、事実上すべての州の法律に違反しています。 株主には、企業の記録を検査する適切なものがあり、あなたも彼らの要求を否定することはできません。

株主が企業の記録を検査しようとする場合、いくつかのステップを持つことができます。 まず、組織弁護士に電話してアドバイスを受けます。 第二に、組織弁護士は、法的に必要な記録のみが開示されるようにするために出席することを選択できます。 この計画は、すべての州の法律の影響を強く受けており、複雑な戦略の決定を伴います。 とにかく、あなたの最善の選択肢は、すぐに組織弁護士に連絡し、あなたの代替案を発見することです。

組織のアイデアを追求するために投資家からお金がある場合、それが本当に「あなたのもの」ではないことを理解する必要があります。 最後に、株主は、企業の記録を検査する適切なものを持っています。