Facebook Twitter
lightlawsuit.com

公正債権回収慣行法

投稿日: 4月 22, 2022、投稿者: Manuel Yoon

1977年9月に承認されたこの法律の目標は、債権回収者による虐待的な債務回収慣行を排除し、消費者を債務回収の虐待と個々のプライバシーの侵害から保護するための一貫した州の行動を促進することでした。

これらのプロセスに関連する特定のガイドラインを定めた公正な債務回収慣行法:

情報の買収

顧客の位置情報を取得するには、自分自身と彼の目的を適切に特定し、必要性が生じたときにも雇用主も開示します。 問い合わせ手続き中の段階では、コレクターの状態、または消費者が債務を負っていることを暗示するものとします。これはプライバシーの侵害に相当するためです。 問い合わせ手続きが完了した場合、通信はその後、当該消費者のみの弁護士と一緒に行われます。

クライアントとのコミュニケーション

債務コレクターは、そのような時間または場所で顧客と通信しない場合があります。 消費者。 コレクターが弁護士が顧客を代表するという情報を持っている場合、弁護士がコレクターの通信に応答しなかった場合にのみ、顧客との通信を実行する必要があります。

消費者の虐待または嫌がらせ

債務コレクターは、その自然な結果がいかなる行動にも関与していない場合があります。 借金。 コレクターは、消費者をコレクターに義務付けるように強制できるように、暴力やその脅威の行為に頼ることはできません。

債務回収のための不実表示

債務コレクターは、債務の収集に関連して、虚偽、欺cept的、または誤解を招く表現または手段を使用することはできません。 債務コレクターは、債務の不払いが人の逮捕または懲役または押収、執着、またはそのような訴訟が合法であり、債務回収者または債権者の財産の逮捕または刑務所につながることを表明することはできません。 そのような行動を取るつもりです。

債務検証

消費者との最初の通信から5日以内に、借金収集者は消費者に正確な量の負債を含む書面による通知を送信します 、債権者の名前と予想される支払い日。

民事責任

この法律の規定に準拠していない債務コレクターは、実際の程度に等しい金額でそのような個人に対して責任を負います 顧客に損害を与え、顧客に、支出と費用に関連して妥当な被告弁護士費用を支払う責任があります。

公正な債務回収慣行法は、あらゆる種類の債務回収のガイドラインを提供します。 多くの債権回収者にとって、社内または収集機関であるために、法律を理解し、法的に許可された境界内に留まる必要があります。 公正な債務回収慣行法には、債務者が合法的に会費を獲得するのを支援するために、徴収機関と部門が十分な規定を備えています。