Facebook Twitter
lightlawsuit.com

企業のベールを突き破る

投稿日: 5月 16, 2023、投稿者: Manuel Yoon

ビジネスの企業構造は、個人資産に避難所を提供します。 裁判官が企業体を見落としたり、「組織のベールを貫通」することになる多くのイベントがあります。 組織のベールがピアスされる可能性がある理由はたくさんあります。 さらに、組織のベールがピアスされないようにするために行うことができるいくつかの簡単なアクションがあります。 | - |

企業のベールは、パーティーがだまされたり、人の代わりに企業に対処するように誤解されている場合に穴を開ける可能性があります。 組織が承認されたものと通信するときはいつでも、この会社の役員と取締役は、彼らが個別にではなく、組織に代わって機能していることを知らせなければなりません。 すべての文書を組織に関して明らかに締結する必要があります。そうしないと、組織のベールを突き刺す可能性のある紛争が発生する可能性があります。 | - |

組織が決してお金を稼ぐことや継続的に支払不能になるように設立されている場合、それは本当に「薄く」大文字と見なされます。 これは、潜在的な負債と債務を満たすのに十分な資本なしで企業が設立された後になる可能性があります。 これは、多くの場合、人またはグループが最高のビジネスではなく、負債からの一種のシールドとして企業で実行されるときに発生します。 | - |

組織が実際に企業が位置している企業の手続きに従わない場合、それはピアスされる可能性があります。 企業の手続きのいくつかは、会議、議事録、在庫台帳です。 組織エンティティがこれらの義務のいくつかを行っていない場合、裁判官はそれが単なる適切な企業ではないと判断することができます。 | - |

小規模企業が通常犯す最大の間違いは、組織について個別の構成を維持するのではありません。 人が銀行のアカウントから企業銀行のアカウントに資金を移動し、その逆である場合、あなたの裁判所は企業企業を見落とします。 | - |

組織が違法企業に従事している場合、組織が違法行為に参加するための唯一の機会として組織が設定されていると本当に判断された場合、組織のベールがピアスになる可能性があります。 たとえば、企業は殺人のために裁判にかけられることはありません。 責任者は間違いなくこのために試されます。 同様のことを要求することができます。たとえば、麻薬密売などのあらゆる種類のケース| - |

組織のベールがピアスされる可能性はありますが、あなたの企業を設立するときに正しい予防措置を投資してください。あなたはあなた自身の民間資産を保護するのに役立ちます。 個々の資産を保護するための手順のいくつかは非常に単純ですが、一部は良い意味です。 主なことは、中小企業を運営するときに気をつけていることであり、疑わしいことをする前に健全な法的サービスを受け取ることです。 | - |