Facebook Twitter
lightlawsuit.com

WC の利点: 常に弁護士を雇う

投稿日: 六月 6, 2022、投稿者: Manuel Yoon

WCの福利厚生は、各州および管轄区域で病気または負傷した従業員が利用でき、いくつかの重要な利益を提供するために存在します:| - |

- 従業員の継続的な支払い(通常、パーセントは3分の2です)。 | - |

- 事故または負傷、リハビリテーション療法、および事件前に獲得したものを作る労働者の能力を減少または排除する可能性のある永久的な負傷の補償に関連する医療費の支払い。 | - |

弁護士の支援なしで、WCの福利厚生ケースに移動する必要があります。 いいえ、そしてこれが理由です:| - |

-WCシステムは、最初から敵対的なシステムです。 雇用主の財政的懸念に対する労働事故の結果として、身体的または心理的損失を維持した労働者の財政的利益と懸念を設定します。 | - |

- そして、この背後にある理由はかなり簡単です。WCの請求が提出され、後に勝つたびに、雇用主のプレミアムコストが上昇します。 このため、雇用主は、負傷者が資格のある補償を受け取ることを望まないあらゆる理由を持っています。 | - |

この理由で、他の理由で、職場で傷ついた人、または特定の職場環境の結果である病気にかかった人は、これらの問題を訓練した弁護士と心から確認する必要があります。 | - |